小さなお子様連れのご入店について
★当店では、何歳以下はお断り、というようなルールは設けておりません。
 お食事の間静かにしていられるお子様でしたら、いつでもご入店可能です。
 (お母様のご判断を信頼しております)
★ですが、元気盛りの小さなお子様が飽きてしまうのは無理からぬこと。
 乳幼児がご一緒の場合は、個室がご用意できるときのみ対応させていただきます。
 あしからずその旨ご了承戴くと共に、必ずご予約をお願いいたします。
★尚、そのために、月に一度、お子様が多少騒いでも大丈夫、
  お子様連れ優先の日「バンビーノ★day♪」を設けておりますので、
 できるだけこの日をご活用戴けますようお願い申し上げます。

■■■■■■■■■■■■■■■重要なお知らせ■■■■■■■■■■■■■■■
『ラ・スコリエーラ』は2008年3月小学校前からコロンビア通り(薬研坂)へと移転しました(↓ここをクリック!)。
新住所は、港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティB1(でも実質的には2F)です。
(斜面に建っているため、B1ですがこの写真手前のセブンイレブン上となります)
(↑こちらもクリック!)
今の場所は「青山一丁目」と「赤坂見附」駅の間。青山通りから程近いコロンビア通り沿いで、旧店舗からも赤坂駅・赤坂サカスからも徒歩5分という、昔よりは便利な場所です。
新天地でのLa Scoglieraも、可愛がっていただけましたら、最高に嬉しいです。
■■■■■■■■■■■■■■■2008年3月27日 La Scogliera スタッフ一同■■

001・わたしたちのこと
002・店名について
003・仕入れについて
004・コペルト(席料)について
005・ミネラルウォーターについて
006・自家製パンについて



南イタリア魚介料理店“La Scogliera”と申します。
「ラ・スコリエーラ」とは、イタリア語で「岸壁」という意味です。
切り立った岸壁と紺碧の海という図は、南イタリアの代表的な風景。
岸壁のあるところはまず、魚介料理自慢の村なのです。
当店のオーナーは、八丈島出身の現役の漁師さん。
「第三友喜丸」という12tの漁船を所有しているので、
スタッフや常連さんは皆、親しみを込めて「船長」と呼びます。
その船で釣れた魚はもちろんのこと、日本全国の漁師仲間から送られてくるものや、
ほぼ毎朝築地にも出向き、漁師の目で厳選した天然の魚介類を仕入れています。

signoraは元雑誌記者で、45回以上の渡伊歴があり、
その中で一番好きな場所が、カンパーニャ州の漁村、マリーナ・デル・カントーネ。
そこは、南イタリアの魚料理の代表格、“アクアパッツァ”発祥の地でもあります。
当店の料理は、カンパーニャ料理、シチリア料理、サルデーニャ料理など。
南イタリアの海辺の漁村にあるお店で出されるような、温かな雰囲気の魚介料理です。
イタリア語で南イタリア料理はcucina meridionale(地中海の恵みを受けた料理という意)。
だからシェフたち料理人は、国産のおいしい魚介類や野菜をふんだんに使い、
なるべく本物の“地中海の味”をお届けしようと、奮闘の毎日です。

そしてスタッフ一同、皆様の「こんな店があったらいいな★」を実現したいと思っています。
何かご要望がありましたら、ぜひぜひお知らせくださいませ。



“LaScogliera”とは、イタリア語で岸壁という意味だとTOPでも述べましたが、
実はこの名前には、もうひとつの意味が込められています。
カンパーニャ州、アマルフィ海岸の西の端に、
マリーナ・デル・カントーネという小さな漁村があります。
もう少し東に行けば、アマルフィ、ポジターノなど超高級リゾート地があるのですが、
ここはまさに寂びれた漁村。
日本風に言えば、字○○村、といった趣の本当に何も無いところです。
ここに私たちが世界で一番好きな店があります。
その名は“Lo Scoglio”(ロ・スコーリオ=岩、岩礁という意味)。
哲学のある漁師が経営する、知る人ぞ知るリストランテです。
目の前の海で獲れた活きた魚介類を使い、サンタガタの畑で野菜や果物を育て、
チーズ以外は何でも手作りしてしまう、そして素晴らしく旨い素朴な店。
私たちが目指すのは、今までまだ日本に無かった、本物の南イタリア魚介料理店です。
具体的に言えば、「日本のロ・スコーリオを作ろう!」ということなのでした。
で、ちょっとだけ変えて、「ラ・スコリエーラ」(岩礁の連なる姿、岸壁という意味)。
日本人には耳慣れないこの言葉を店名にしたのには、そういう思いがありました。



仕入れは、料理店がおいしいものを提供するための“命”です。
当店の鮮魚は、まず船長がうちの船で釣った確かなもの、
全国にいる熱い漁師仲間から直送されてくるもの、
そして築地に出向き、漁師の目で厳選したもの。
これらを、食べごろを見極め提供しています。

また野菜は、魚と共に送られてくる八丈島のもの
(船長のマンマが摘みたてを送ってくれる野生のクレソンなど)、
シェフの故郷、松戸のお母さんから送られてくる手作りのもの、
静岡でsignoraの叔父さんが心を込めて育ててくれる有機野菜やフルーツなど、
出自のはっきりしたものがほとんどです。
まるでイタリアみたいに、家族ぐるみ、友達ぐるみ。
「ラ・スコリエーラ」の安心野菜は、こうして皆さんに支えられているのです。




当店では、夜はコペルトを900円頂戴しております。
そしてその代わりに、サービス料は戴かないというスタイルを選択いたしました。
コペルトは単にテーブルチャージという意味ではなく、
お客様を迎えるに当たり必要な実費のみを頂戴する、という感覚です。
イタリアにおける一般的なコペルトの内容としては、
クロスやナプキンのクリーニング代、キャンドル代、パン代などがこれに当たります。
当店ではこれに追加して、イタリア産のミネラルウオーター代をここに含ませました。
食前酒のお供にお出ししているストゥッツィキーノ(付きだし)はサービスです。
そうすると900円という金額は、実は原価ぎりぎりになります。
でも私たちは、お金をたくさん頂戴することよりも、
できるだけリーズナブルで明朗会計の店でありたい。
だからこれが私たちの挑戦の第一歩です。そういうわけですみませんが、
コペルトを頂戴することだけは、ご理解をいただきたいと思っております。



当店ではイタリア製のミネラルウオーターを使用しております。
通常ミネラルウオーターを頼むと、1本700円ぐらいつくことが一般的だと思います。
(ある店では900円もして驚きました!)
しかし当店では、お水代はどれだけ飲んでも無料です。ですからスタッフは
「お水はガス入りがいいですか? ガスなしのほうがいいですか?」としか尋ねません。
お水代高いしな、と日頃感じておられるお客様も、
「普通のお水をください」と言う必要はないのです。

また、「もうひと口だけお水が欲しいんだけど、もう1本頼むのはもったいない」とか、
「私は本当はガス入りのお水が好きなんだけど、同席者がガス入りは飲めないから
ノンガスで我慢しよう」とか、そういう悩みは一切不要になったわけです。
当店では各テーブルに一本ずつではなく、共通でお水の瓶を開けていき、
どんどん注ぎ足していきますので、何杯でもご遠慮なく、
同席者にもお気兼ねなく、ご自分の飲みたいほうをお申しつけくださいませ。



当店では、何種類かのパンを毎朝焼いています。
すべて自家製で、かなりご好評をいただいております。
パン代もコペルトに含まれているのでおかわりも自由です。
ただ、おいしいからと言って、食べすぎには注意してくださいね。
たまにメインが入らなくなってしまって、後悔しているお客様がいらっしゃいますから。
尚、ご好評につき、パンの小売りもしております。
グリッシーニなどの乾パンはかなりお日持ちもしますので、お土産や朝食用にもどうぞ。
南イタリア魚介料理 
ラ・スコリエーラ 

新住所: 港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ (2008.3.27に移転)
TEL: 03-3586-8989 (電話番号は移転前と変わっていません)

営業時間
月〜金  11:30〜14:00(L.O.)
       18:00〜21:30(L.O.)
土・祝   12:00〜14:00(L.O.)
       18:00〜21:30(L.O.)


夏季休業のお知らせ
★7/22のディナー&7/24のランチは研修旅行のため、
 8/11〜15は夏季休業のため、お休みさせて戴きます!
 何卒よろしくご了承のほど、お願い申し上げます。

店内禁煙について
愛煙家のみなさまには恐縮ですが、店内禁煙にご協力をお願いしております。
お手数ですが、お煙草はテラスの喫煙コーナーにてお願いします。
ご理解・ご協力のほど、お願い申し上げます。

平日のランチのご予約について
★平日のランチのご予約は、11:30、11:45、12:00、12:15、13:15、13:30、13:45の御入店に限らせて戴いております。前菜付きのB〜Sコースご希望の方は、ご予約戴くことをお勧めいたします。
このページTOPへ スタッフ紹介 人材募集 TOPページへ

南イタリア魚介料理 ラ・スコリエーラ 住所:港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティB1 TEL:03-3586-8989
 このページに関するお問い合わせはinfo@la-scogliera.comまで